妊娠線を予防するには運動が効果的

妊娠中もきれいな肌でいる方法 妊娠中もきれいな肌でいる方法

妊娠中に、いつのまにかおなかやお尻、太ももにできてしまう妊娠線。できることなら、妊娠線ができないまま出産を終えたいですよね。妊娠線の予防としては、妊娠線予防クリームを塗ったり、マッサージすることがよく知られていますしかし、実は運動をするのも妊娠線予防に効果があるのです。そこで、妊娠線予防のために運動がよい理由と、どのような運動をすると良いかをご紹介します。

妊娠線予防に運動が効果的な理由

妊娠線に運動が効果的な理由は、妊娠線ができてしまう理由を考えるとわかります。

妊娠線というのはそもそも、妊娠によって大きくなったおなかに対して、皮膚が伸びるスピードが追いつかず、皮膚の表面が裂けてひび割れてしまうことでできてしまうもの。

急激におなかが大きくなりすぎたり、体重が増えてしまうことによって、妊娠線ができやすくなってしまうのです。

つまり体重が急激に増加しないように注意することが、妊娠線予防の一つの方法。

そのためには、食事などに注意することはもちろんですが、妊娠中にも適度に運動をすることが重要なのです。

妊娠線予防に効果的な運動

妊娠線予防に運動が良いと言っても、あくまで妊娠中なのであまり激しい運動などを行うわけにはいきません。

妊娠中の運動は、まず安全に行うことが最も重要です。

基本的には、軽めの運動を継続して行うのがおすすめ。

そして、運動を始める時期は安定期に入ってから。

安定期に入って体調に問題がなければ、軽い運動を行うことからスタートしていきましょう。

妊娠中、一番簡単にできる運動はウォーキング。

長い距離でなくてもよいので、いつもより少し早めに歩くことを意識して歩くようにしましょう。

また、医師の許可も必要ですが、マタニティスイミングや、マタニティビクスなどもおすすめ。

基本的に一人で行うウォーキングと違い、他の妊婦さんと知り合うチャンスにもなります。

妊娠中に軽い運動をすることは、ストレス解消にもなりますので、継続して行っていきましょう。

おすすめの妊娠線予防クリーム一覧はこちらから。