妊娠線ができやすい場所とは?

妊娠中もきれいな肌でいる方法 妊娠中もきれいな肌でいる方法

妊娠中に起こるママの体の変化の一つが妊娠線。妊娠後期になっておなかが大きくなってくることによって、肉割れができてしまうことはよく知られていますよね。しかし、妊娠線ができるのはおなかだけではありません。
おなかはしっかりケアをしていたのに、こんなところに!などとショックを受けることがないよう、できやすい場所はしっかり把握しておきましょう。

一番妊娠線ができやすいおなか、太もも

妊娠線が最もできやすいのはやはりおなか。

妊娠後期になるとかなりおなかは大きくなるので、どうしても肉割れができてしまいます。

特にできやすいのはおなかの下側。

どうしても上側より下側が急激にふくらんで大きくなる形となるので、おなかの隅々までしっかりケアをしておくことが重要です。

また、妊娠中は体全体に脂肪がつきやすいのですが、特に下半身がふっくらとするのが特徴。

骨盤が開いてお尻が大きくなり、腰やお尻にも肉がつきやすくなります。

その結果、そこにつながっている太ももにも妊娠線ができやすいのです。

太ももの内側や背中側のお尻のすぐ下が、特にケアが必要なポイント。

臨月などになると、自分ではケアしづらい場所になるため、パパの力も借りると良いですね。

おなか、太もも以外の妊娠線ができる場所

おなか、お尻、太ももなどの下半身以外にも妊娠線ができやすい場所があります。

まず、おなか以外に妊娠中に大きな変化が起こる場所と言えば、胸。

妊娠すると、妊娠前に比べて2カップほど胸が大きくなることが知られています。

胸が大きくなる事自体は女性にとっては喜ばしいことなのですが、胸の横や胸の下には妊娠線ができやすいもの。

胸が張らないよう、予防クリームでやさしくマッサージをしておきましょう。

そして、意外なようですが、二の腕も実は妊娠線ができやすい場所。

二の腕はもともと皮下脂肪がつきやすい場所のため、妊娠によって体重が増加した結果、二の腕も太くなってしまいます。
特に二の腕の内側はもともと柔らかいため、妊娠線ができる可能性が高い場所と言えるでしょう。