乾燥してからでは遅い?!乾燥する前の保湿が大切

乾燥する前に保湿を 乾燥する前に保湿を

秋から空気が乾燥するので、肌も乾燥しやすくなります。乾燥したかな?と感じてから保湿するのでは遅いので、できれば感想を感じる前に保湿をすることが大切です。

乾燥する前にこまめに保湿するようにしよう

乾燥肌の人は、入浴に気を付けましょう。入浴中に顔が濡れていると、入浴後に乾燥が進んでしまいます。お風呂から出たら、手早く化粧水をつけて保湿クリームを塗るようにしましょう。

また、寝る時には、加湿器を使用するようにしましょう。

朝起きて肌の渇きを感じる場合は、乾燥肌が進んでいる状態なので保湿が足りていません。十分に保湿をしていても、日中の間に乾燥が進んでいる場合があります。

寒暖の差や湿度の低い場所に肌がさらされると、夜保湿をしても間に合っていないことが多くなってしまいます。

メイクをするときもしっかり保湿を

お化粧をする時には、できるだけ保湿力の高いファンデーションを選びます。

クリームタイプかリキッドタイプがお勧めです。テカリやベタベタが気になる人も多いと思いますが、お粉や粉ファンデは使用しないがよいでしょう。

チークやアイシャドウもクリームタイプを使用しましょう。乾燥を悪化させない工夫は、化粧品1つ1つにもこだわりたいです。

日中にミスト化粧水を使っても、午後になると肌がゴワゴワしたり、化粧崩れする人は、インナードライの可能性があります。乾燥する前のお昼の時間に化粧直しをしましょう。

化粧を軽く落として化粧をし直す方法です。ミスト化粧水を顔全体にかけたら、ティッシュで軽くオフします。すぐに乳液を1センチほど指先にとり、顔全体になじませます。そしたらファンデーションから塗りなおします。

コツは、朝から厚化粧をしないことです。

ナチュラルメイクは、肌にもやさしく化粧直しもしやすいです。乾燥する前に乳液を塗る方法が一番お勧めです。