妊娠中の色素沈着、黒ずみが濃くなってしまう理由

妊娠中もきれいな肌でいる方法 妊娠中もきれいな肌でいる方法

妊娠中、知らないうちに顔にシミが増えていたり、ワキなどが黒ずんでいるという経験がある人もいるでしょう。妊娠中はいろいろな肌トラブルがありますが、肌荒れなどと違い、黒ずみというのはなかなか人には相談しづらいですよね。しかし、妊娠中は色素沈着しやすくなるものなので、必要以上に気にする必要はありません。ではなぜ妊娠中には色素沈着しやすくなるのか、そして気になるのは、出産後には妊娠中の黒ずみは元に戻るのか、ということ。

妊娠中に色素沈着しやすくなる原因

妊娠中に色素沈着しやすくなる原因は、主にホルモンバランスの変化によるもの。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えることで、様々な影響が起こります。

その変化の一つがメラニン色素が増えやすくなる、ということ。

メラニン色素が増えた結果、いろいろな場所に色素沈着がしやすくなってしまうのです。

影響が大きくなりやすいのは、ワキや乳首、デリケートゾーンなど、もともとメラニン色素が多い部分。

これらの場所が特に黒ずんだと感じる妊婦さんは多いでしょう。

ちなみに、メラニン色素が多い部分というのは肌を保護したい場所。

そのため、乳首が黒ずむのは出産後の授乳に備えて、乳首を保護するという理由もあるようです。

妊娠中の黒ずみは元に戻る?

妊娠中に黒ずんでしまった肌は、出産後しばらくはそのままの状態が続きます。

しかし、出産後少し経つとホルモンバランスは妊娠前の状態に戻るため、徐々に黒ずみも治まるようです。

とはいえ、妊娠中に多少のケアをしておく方がさらに元に戻りやすくなります。

そのため、ビタミンC誘導体など美白成分が配合された乳液やボディクリームなどを使用し、ケアをしておくとよいでしょう。

なお、乳首の黒ずみは授乳をしている間は、基本的には戻ることはありません。

これは乳首の保護と言う意味を考えれば、仕方がないこと。

しかし、卒乳してしばらくすれば元に戻るので、特に心配する必要はないでしょう。