子宝祈願とは

結婚すれば子供が欲しいと願う夫婦は多いでしょう。
しかし、全ての夫婦が希望してすぐに子供を授かることができるとは限りません。

医者に行って治療をするというのももちろん方法としてありますが、それでもうまくいかない場合などには、子宝祈願をするというのも一つの方法です。

では子宝祈願とはどういったものなのでしょうか。
また有名な神社なども紹介しましょう。

子宝祈願とは

子宝祈願とは、子供をほしい夫婦が子供を授かれるように祈願すること。
神頼みで解決できるとは限りませんが、子宝祈願をすることで、精神的に良い効果が出る場合があります。

例えば子宝祈願をすることで、前向きな気持ちになったり、リラックスしたりする場合があります。
妊娠をするにはストレスをためることはあまりよくありませんが、なかなか子供ができない場合、不安や焦りが出てしまうことも多いでしょう。
不妊治療をしている場合などは特に焦ってしまう人も少なくありません。

そんな時、少し治療をお休みして子宝祈願をしてみることで、気分転換にもなり、あっさり子供ができるというケースもあるようです。

子宝祈願で有名な神社に参拝するだけでも良いですし、祈祷をお願いするなど自分の満足のいく方法を取るとよいでしょう。

子宝祈願で有名な神社・寺社

子宝祈願で有名な神社は全国にあります。
そのいくつかを紹介しましょう。

・水天宮(東京)
水天宮と言えば、戌の日の安産祈願などでも有名な神社。
安産だけでなく、子授け祈願としても有名で、境内には子宝犬と呼ばれる母犬と子犬の像があります。

・金剛寺(愛知県)
全高30mの子安大師像があり、安産・子授祈願として知られています。
子供に恵まれなかった夫婦が、大師様に祈願したところすぐに子供が産まれたなどの逸話が数多く残されています。

・久々比(くくひ)神社(兵庫県)
コウノトリで有名な兵庫県にあり、コウノトリにゆかりの深い神社。
コウノトリの放鳥式典に参加された秋篠宮紀子さまが、その後懐妊されたことなどから注目を集めました。
遠方で参拝が難しい場合には、絵馬やお守りの郵送などにも対応してくれます。

なお、参拝だけであればそのまま行けばよいですが、祈祷には予約が必要な場合もあります。
事前にホームページなどで確認してからお出かけしましょう。